財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団 東京都老人総合研究所
 トップページ > 研究紹介 > 老化ゲノムバイオマーカー研究チーム > 運動器の老化

老化ゲノムバイオマーカー研究チーム 

 研究テーマ:

運動器の老化

 

 


 リーダー:重本和宏

 久保幸穂、宮崎 剛

 客員研究員:森秀一、山田茂

 大学院生:秋好 沢諭(東大老年科)

キーワード
 

神経筋接合部、MuSK(muscle-specific kinase), サルコペニア、筋無力症、筋萎縮


 

1. 筋萎縮に関する研究

 (1) 筋と神経の相互維持システムの解明
 (2) 筋萎縮の分子メカニズムの解明
 (3) 筋萎縮の予防、診断、治療に関する研究

2.骨粗鬆症に関する研究


  筋萎縮医療は、超高齢化社会へと突き進む日本において、高齢患者の運動障害の軽減と、家族等の介護負担の軽減など、社会的に強い要請のある課題です。これまで運動機能低下(筋萎縮)と認知症の間には、明確な因果関係が認められるにも関わらず、その分子病態は検討されること無く環境要因として説明されてきました。身体機能の著しい障害として筋萎縮に至るサルコペニア(加齢性筋肉減少症)と神経筋難病疾患の多くは未だ原因不明であり、精神疾患と同様に多数の遺伝・環境因子が関与していると考えられています。現在の医学では完全に萎縮した筋を回復させることは不可能で、医療のイノベーションが強く求められています。そこで「末梢と中枢の相互作用システムにより筋は維持されており、この相互作用の異常が筋萎縮を引き起こす」という新概念のもと、新たな筋萎縮の診断法、予防法および治療法を開発し、認知症との関連を含めて革新的な医療の創成を目指します。


神経筋接合部

最先端のイメージングテクノロジーを駆使して、末梢と中枢の相互作用システムの機能異常、微細な構造障害の分子病態を解明します。筋萎縮の病態が出現する初期段階において、末梢と中枢の相互作用システムの可逆的な病変があるかどうかを明らかにします。そうであれば、革新的な予防・治療と、その早期診断に展開することが可能となります。あるいは不可逆的であっても、病変がドミノ倒しのように相互作用システム全体に及んで、最終的に筋萎縮に至る前の段階で、早期診断、薬物治療、幹細胞(ES細胞、iPS細胞)を使った再生医療、遺伝子治療研究の新たな基準を、分子レベルから再設定することが期待されます。


 

ページトップへ


財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団東京都老人総合研究所、トップページへ
2008/06/10

Copyright(C)2008 Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology. All rights reserved.