財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団 東京都老人総合研究所
 トップページ > 講演会 > 第52回 老年学公開講座 > 糖尿病・高脂血症・肥満予防とライフスタイル
公開講座

糖尿病・高脂血症・肥満予防とライフスタイル

東京都老人医療センター
内分泌科部長 井藤 英喜

 糖尿病、高脂血症および肥満は、いずれも動脈硬化症を引き起こします。動脈硬化症を基盤として心筋梗塞や脳梗塞といった死につながったり、死をまぬがれたとしても著しく生活障害をもたらす多くの病気が発症します。死につながる病気としてはいつも癌が問題になりますが、実は動脈硬化症を基盤とした病気で亡くなる人の総数は、癌で亡くなる人とほぼ同数かむしろ少し多いくらいです。また、死亡しないまでも心筋梗塞や脳梗塞の後遺症で不自由な生活を余儀なくされている人が、それらの病気で亡くなる人の数倍おられます。

 このようなことを考えますと、糖尿病、高脂血症あるいは肥満といった動脈硬化症の原因となる病気を予防する、発症してしまった場合は適切に治療することが如何に大事な問題であるかをお分かり頂けると思います。

 動脈硬化症を基盤とした多くの病気は圧倒的に老年期になって発症します。老年期になって心筋梗塞や脳梗塞後遺症などで苦しまず、老後の生活を健康にかつ有意義に過ごすためにも、糖尿病、高脂血症あるいは肥満の発症を予防したり、適切に治療しておくことは極めて重要なことです。糖尿病、高脂血症あるいは肥満の成り立ちを考えてみますと、これらの疾患の発症には遺伝的な素因に加えて、過食、摂食パターンの異常といった不適切な食生活、運動不足、アルコールの飲みすぎ、ストレス過多などが重要な役割を果たしている場合が多くあります。このようにこれらの疾患の成り立ちに、不適切な食生活、運動、飲酒、喫煙などのライフスタイル、すなわち生活習慣が深く関わっていることの多いことから、これらの病気は「生活習慣病」ともいわれています。逆にいいますと、食生活を改善する、適切な運動を行う、アルコールを飲みすぎない、禁煙する、ストレス解消法を身につけるなど生活習慣を適正化することにより、これらの病気の発症を予防できることも多いと考えられます。また、残念ながらすでに糖尿病、高脂血症や肥満を発症している人はライフスタイルの適正化が最も理にかなった治療法になるわけです。

 最近の研究で、肥満でかつ糖尿病、高脂血症あるいは高血圧を伴う人には、インスリンというホルモンの作用が低下しているという共通した病態があることも分かってきました。すなわち、ライフスタイルの異常が肥満を引き起こし、肥満が原因でインスリンが作用しにくくなり、その結果動脈硬化症の原因となるいくつもの疾患が同時に発症してしまうことになります。

 動脈硬化症を基盤とした病気は、動脈硬化症の原因となる疾患が重複すればするほど発症頻度が高くなります。例えば、肥満があって同時に糖尿病、高脂血症および高血圧がみられる場合、高脂血症、糖尿病、高血圧が単独で存在する場合より余程高頻度に動脈硬化症を基盤とした病気が発症します。このような場合、糖尿病、高脂血症あるいは高血圧をそれぞれ別の治療薬で治そうとするより、ライフスタイルを適正化し、共通の基盤となっている肥満を解消することがより合理的な治療法になるということになります。このように、人によってはライフスタイルを改善することが、一石二鳥というより一石三鳥とも四鳥ともなる効果を生み出します。ライフスタイル改善の一つの中心は食生活の改善です。過食を避け、腹8分目におさえて下さい。特にエネルギー量の多い脂っこい食品、ケーキ、スナックなどの過食を避け、どか食い、ながら食い、夜食などの不適切な食習慣を是正してください。

 運動不足を解消するためには、無理なく、長く続けられる全身を動かす運動を行ってください。まず、日常生活のなかで誰でも無理なくできる運動として、歩行があります。1日1万歩を目標として下さい。余裕のある人、体力のある人はスポーツクラブに入って水泳などを楽しむことも一つの方法です。ただ、高齢になりますと不用意な運動の開始によりいろいろの病気が誘発されることもあります。そのような事態を避けるため主治医とよく相談して無理のない運動を行うようこころがげてください。その外、うまくストレスを解消する手段を身につけたり、禁煙、節煙に務めることも大事です。

 自分のライフスタイルのうち、これはどうもあまり体には良くないということを自覚されている人は意外と多いものです。自覚するということと、それを改善するための努力をはじめることの間には大きなギャップが存在しますが、自覚はライフスタイル改善の第一歩です。いつ起こるか分からない、ひょっとしたら起こらないかも知れない病気のために好きなことは止められないと考える人の気持ちも分からないではありませんが、いざ心筋梗塞や脳梗塞を発症しますと、やはり生活は随分不自由になり後悔もしたくなります。ライフスタイルを適正化することにより、糖尿病、高脂血症あるいは肥満といった動脈硬化症の原因となる病気の発症を予防したり、うまく治療できたことにより得られた達成感や健康感は、なにものにも代えがたい大きな自信となります。ライフスタイルを適正化することで失うものはなにもありません。ライフスタイルを改善し、いつまでも血管をしなやかに保ち、老後の生活をおおいに楽しんでください。


井藤 英喜 (いとう ひでき)
1944年生まれ。京都大学医学部卒業。医学博士。'81年老人医療センター内分泌科医長、'92年同部長。糖尿病、高脂血症、肥満とそれらに起因する血管合併症の発症機序と治療等に関する研究を行っている。「糖尿病、特に高齢者糖尿病の血管合併症の治療」「高齢者の高脂血症とその治療」等に関する多くの論文を発表。


ページのトップへ


財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団東京都老人総合研究所、トップページへ
2002/11/26

Copyright(C)2002 Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology. All rights reserved.