〜 ビタミンCが老化予防に有効である可能性を示す手掛かり 〜

「加齢指標タンパク質SMP30の機能解明に成功」

米国科学アカデミー紀要「PNAS」において研究成果を発表


 このたび、東京都高齢者研究・福祉振興財団 東京都老人総合研究所 石神昭人主任研究員、丸山直記副所長らが加齢指標タンパク質SMP30の生体内での役割・機能を明らかにすることに世界で初めて成功し、この研究成果が平成18年4月4日(日本時間午前7時)に米国科学アカデミー紀要「Proceedings of the National Academy of Sciences, USA、別称PNAS」に速報版として電子ジャーナル掲載されますのでお知らせします(要旨が閲覧可能)。なお、本研究は、和歌山県立医科大学(錦見盛光 教授)、東京医科歯科大学(下門顕太郎 教授)、東邦大学(後藤佐多良 教授)の研究グループとの共同研究として行われたものです。

1. 研究目的

 加齢指標タンパク質SMP30は肝臓や腎臓、肺などの臓器に発現しており、加齢に伴い減少するタンパク質として東京都老人総合研究所で発見された。SMP30の遺伝子を破壊したノックアウトマウスは正常なマウスに比べて約4倍の速度で老化が進行し、早期に死亡するが、SMP30の生体内での役割・機能は不明であった。SMP30の生体内での役割・機能が解明できれば、「老化機構の解明」や「アンチエイジング」の研究に多大な貢献をすることが期待される。
 今回、SMP30の生体内での役割・機能の一部を解明した。

2. 研究成果の概要

 米国立バイオテクノロジー情報センター(NCBI)のデータベースから、SMP30が藍藻(藍色細菌とも呼ばれる細菌の一種)にあるグルコノラクトナーゼ(GNL)と非常に良く似ていることを発見した。多くの哺乳類もビタミンCを合成するための酵素としてGNLを持っているが、その分子的実体は不明であった。本研究では、加齢指標タンパク質SMP30 がGNLそのものであることが証明された。即ち、SMP30の遺伝子を破壊したノックアウトマウスをビタミンCを全く含まない餌で飼育すると発育が止まり、ビタミンCを必要とするコラーゲン繊維構築不全のために骨の形成が悪くなって骨折し易くなるなど、ヒトの壊血病(ビタミンC欠乏症)症状を呈した。ビタミンC投与によりこの症状は改善した。

3. 発見の意義

 本研究により、加齢指標タンパク質SMP30が哺乳類におけるビタミンC合成に必須な酵素GNLであることが、世界で初めて明らかになった。ヒトはGNL以外の酵素(GLO:グロノ-γ-ラクトン酸化酵素)に遺伝子変異があるため体の中でビタミンCを合成できない。したがって、SMP30の加齢に伴う減少・ビタミンCの産生減少・老化というスキームはヒトでは成り立たないが、ビタミンC不足が加齢現象を促進することをマウスのモデルで明らかにできたことには大きな意義がある。ビタミンCには強い抗酸化能力があり、美白から抗老化まで幅広い効果を期待され使用されているが、その反面、虚血などの病的状態では逆に活性酸素を多く産生する悪い面もあることから、個体レベルでの効果については懐疑的な意見も多かった。本研究はビタミンCが抗老化作用を持つ可能性を示す重要な証拠となりえる。また、加齢指標タンパク質SMP30(GNL)ノックアウトマウスは、抗酸化能力を持つ機能性食品・サプリメントなどの有効性や安全性を正しく評価するのにも有用と思われる。本研究成果は、「老化機構の解明」や「アンチエイジング」の研究に多大な貢献をすることが期待される。


「ビタミンCの摂取量に関する注意」


東京都福祉保健局の発表

東京医科歯科大学のプレス発表

 

【問い合わせ先】
東京都高齢者研究・福祉振興財団 東京都老人総合研究所 
老化ゲノムバイオマーカー研究チーム 老化制御
石神 昭人(いしがみ あきひと) 電話 03-3964-3241(内3034)


2006/04/24
老人総合研究所公式ホームページに戻る